長者丸・米田屋次郎吉
江戸の鎖国時代、海難事故でアメリカに保護され、5年後
に帰還した岩瀬船籍六五〇石の北前船(バイ船)。長者丸
は密田家の持ち船で、遭難にあってはじめて長昆布が薩
摩を通じて沖縄にそして 中国に運ばれていた事実が富山
大学の高瀬重雄先生の研究により明らかになった。

長者丸

  薩摩藩の清国との昆布交易は密貿易でした。幕府に知られてはならないものだったのです。
それで、昆布を薩摩まで運ぶのに、西廻り航路をとらずに、太平洋側を航海するという危険もおかしました。当然、遭難する船もあり ました。能登屋の持船の北前船「長者丸」(650石積み、21反帆)は天保9年(1838年)
4月西岩瀬港を出帆し、9月中旬、松前箱館で薩摩藩向昆布を五、六百石積込み、10月上旬出港しました。南部田之浜で艀テンマ を修理し、11月上旬に仙台唐丹湊トウニミナト(釜石)に着きます。そして、11月23日に同港を出帆するものの、朝4時頃大西風に吹き流されて遭難してしまいました。5カ月間、太平洋上を漂流した。乗組員10名のうち五三郎、金六、善右衛門が死に、翌年4月、米国捕鯨船ジェームス・ローバ号に救助されるまで昆布を食べて飢えをしのぎました。彼等は3隻の船に分乗しサンドイッチ諸島(ハワイ)に上陸〈次郎吉等3人はハワイ島ヒロに上陸〉。中国の広東出身者の家や、ホノルルの牧師の家などで世話になったり、ある時は砂糖きび畑で過酷な労働に従事したりした。また当時のハワイ国王カメハメハ3世とも謁見もしている。10人の乗組員のうち米田屋次郎吉(追廻=雑用係)、鍛冶屋太三郎など6人がハワイで生活し、その間次郎吉は、その土地の地形、動植物、人々の暮らし方、建造物、防衛体制のほか、見聞した印刷工場、砂糖きび工場、製塩所、屠殺場までも細かに記録し図解している。そこからカムチャッカ・オホーツク・アラスカのシイトカへと送られました1843年(天保14年)ロシア船によって択捉島に無
事帰還することができた。日本へ送還する船が決まり、シイトカのロシアアメリカ商会の支配人アードフ・カーロウィ
チの家で奥さんの接待でお別れパーティが行われ、餞別に大きな柱時計を貰う。この時計は帰国後、富山藩の
親藩である前田藩の殿様前田斉泰公に贈呈された。この時の次郎吉ら4人の体験談は『時規(とけい)物語』
『蕃談(ばんだん)』
などの書物にまとめられたが、外国語を多数覚え、記憶も確かだった次郎吉の情報量は際立
っていたという。次郎吉は教育を殆ど受けていなかったが、好奇心旺盛で記憶力抜群、外国語の習得も早く、
しかも見たものを正確に描き、図解までもする類稀な才能の持ち主だった。その上、大の力持ちだった。
『蕃談』は幕府の学者(古賀謹一郎)によって書かれてものであるが、好意的に外国事情を述べているため
、鎖国下の日本では一般に知られることを恐れて公開されなかった。
 井伏鱒二の小説に『漂民宇三郎』があるが、かなりの部分を『蕃談』に拠っていて次郎吉も登場するが、一人だけ帰国せずハワイに残った宇三郎の聞書きという形で描かれていて、この宇三郎は架空の人物である。吉田精一はかつて『ジョン万次郎』が万次郎中心の物語であったのに対して『宇三郎』が乗組員全員の運命を扱う物語であるとした。

米田屋次郎吉
1812年 新川郡東岩瀬浦方生まれ