商品情報

■煮昆布おでんや煮しめ、佃煮にやわらかい棹前昆布をどうぞ。

棹前煮昆布 「棹前とは・・・昆布は7月20日前後に棹を入れて採ります。その前に採る若い昆布を棹前昆布と言います。根室、釧路管内で採れ、毎年6月1日から採取します。6月末まで。7月5日くらいまでずれ込むこともあります」

煮えやすいので、昆布巻、おでん、煮〆、佃煮に最適です。当社は貝殻産(歯舞)昆布を使用しています。
特に元昆布(根の部分)は大変やわらかく、全国のたくさんの人に愛用されています。
沖縄県那覇市にこの棹前元昆布を使ったニシンと昆布の料理がありました。
「美濃作」というお店で、大変美味しい蕎麦屋さんです。

●751

煮昆布(棹前元)大

昨年より20g増量180gに
 1,000円(税込1,080円)
  
数量 (半角)
さお前元昆布(根の部分)は6月に採取した昆布で大変やわらかく珍重されている。
北方領土の歯舞群島(貝殻島)の昆布!沖縄料理にも使われている。10分ほど水に戻し、食べやすいように結び、火にかけ、味付けは砂糖、醤油、みりんで、お好きな味付けをしてください

10年前は400トン採れていた貝殻棹前昆布
2014年は39トンと大減産  流氷や天候の関係で・・・
2015年は350トンとまずまず16年は258トン
業務用はこちら
●752

煮昆布(棹前元)

(45g)
 300円 (税込324円)
 
数量 (半角)
さお前元昆布(根の部分)は6月に採取した昆布で大変やわらかく珍重されている。
北方領土の歯舞群島(貝殻島)の昆布!



●758

煮昆布(棹前元)

(500g)
 2,200円 (税込2,376円)
 
数量 (半角)
さお前元昆布(根の部分)は6月に採取した昆布で大変やわらかく珍重されている。
北方領土の歯舞群島(貝殻島)の昆布!

10年前は400トン採れていた貝殻棹前昆布
2014年は39トンと大減産   流氷や天候の関係で減産になりました。
2015年は350トンと復活しました
2016年は258トン


 
●754

煮昆布(棹前) 昆布巻用

(180g)昨年度より20g増量
 1,000円 (税込1,080円)
 
数量 (半角)
ニシンなどの昆布巻に最適。
一般家庭での昆布巻きには最適!やわらかく美味しい!
   昨年は350トンとまずまずの生産がありまた
●762

煮昆布(棹前元昆布)釧路産

(200g)
1,000円 (税込1,080円)
 800円(税込864円
数量 (半角)
釧路産のさお前頭(元)昆布です。
貝殻産は元昆布、羅臼は根昆布、釧路産は頭(かしら)昆布と言います。
おでんや煮物に最適。
型崩れせず、しかも柔らかい
(貝殻産よりは少し硬め)

水に戻す時間を15分ぐらい長く浸すと貝殻産のようにやわらかくなります
●405

お野菜昆布

(70g)
400円 (税込432円)
数量 (半角)
北海道は最東端、歯舞の先、北方領土の歯舞群島の貝殻島で採れた昆布を細かく千切りに切った昆布です。6月に採ったやわらかい棹前昆布です
サーと水洗いし10分ほど水に戻せば、後は水を切って、砂糖・酢・醤油で味付けをししょうがを入れれば最高の酢の物ができます。酒のおつまみに、ご飯にのせても最高!「フコイダン」いっぱいの昆布です。
●757

おでん昆布

(30g)
400円 (税込432円)
数量 (半角)
水戻しせず、そのまま使える、優れもの!忙しい主婦の裏ワザ。さお前昆布使用
●181

昆布巻(にしん)

(1本)
400円 (税込432円

        賞味期限は常温で約3ヶ月
数量 (半角)
北海道歯舞産の長昆布使用 最近は中国の昆布を使っているメーカーがかなりありますが、当社は美味しい国産の歯舞産の1等昆布を使用しています。
●182

昆布巻(紅鮭)

(1本)
400円 (税込432円)

      賞味期限は常温で約3ヶ月
数量 (半角)
北海道歯舞産の長昆布使用1等昆布を使用
●183

昆布巻(たらこ) 新発売

(1本)
400円 (税込432円)

        賞味期限は常温で約3ヶ月
数量 (半角)
北海道歯舞産の長昆布使用1等昆布を使用



▲このページのトップへ